ATAK 010 filmachine phonics

先週末アップルストアでの試聴会に行ってきた。ヘッドフォン/イヤーフォンで聴くように出来ているので、ということでiPodを皆に配り照明を落として一斉にスタートボタンをクリックするという、なんだか稀な風景に身を置く感じ。

さすがに80数台のiPodを用意するとあって、ストックされていたモノから配られたiPodは懐かしき初代iPod。なぜかボタンを押したら電源が消えるバグ?に遭遇して、スタッフに別のiPodへ変えてもらいながらスタート。

もし音が見えたらこうなのかな、とその動きに思わず身体をよじってしまう、感じがすごい。サンレコの編集長とのトークの中で渋谷さんが言っていたけど、PANでLRに振るという単純な動きじゃなくて、というか音を聴く耳の構造もとい聴覚が不思議なんだよなぁ。

先着一名様限定の人のヘッドフォンとか高解像度で聴くともっとはっきりエロいだろうか、と、そういえばゲーム機の名の下にAV機器として採算度外視なPS3での視聴っていうのはどうなんだろう。あれってCDと同じか。