Akira Yamaguchi “Umakagami” Equine Museum of Japan

横浜・馬の博物館で「馬鑑 山口晃展」

馬鑑って言葉は何?と思ったら今回の展示にあわせて山口晃が考案した新語とのこと。

馬鑑【umakagami】1.馬の図鑑。 2.馬の手本、模範。 3.馬の姿やものの形を映し見る道具。4.ばかん。 「いやんー。」




テーマはずばり馬で馬づくし。馬とバイクが一体化したモチーフでおなじみの山口の作品がたくさん並べてあり、それに馬の博物館が所蔵している馬の作品をあわせて展示している。厩圖(2001)は高橋コレクションの展示で以前に見たことがあったけど、厩圖(2004)は初見でさらに馬の博物館が所蔵している桃山時代の厩図屏風を並べて見比べることができてとてもおもしろい。新作の厩圖はまだ下絵段階で線が一本入っている感じだった。




大きなキャプションがついた曲り家のインスタレーションはクスッとしたり、馬頭観音に興味を覚えたりもした。

屋外にはトキノミノルの像。