Skip to main content

Olasonic TW-S7

数日前twitterのタイムラインを眺めていた時に偶然CEREVOの岩佐さん(@warenosyo)のお誘いのTweetを見て、「ん、USBだけでって、もしかしてこれはおもしろいかも!?」と、東和電子がこの4月に発売したばかりのUSB接続スピーカーの「Olasonic TW-S7」のブロガーイベントに参加してきた。

普段パソコンで音楽を聴くとなるとヘッドホンやイヤホンを選んでしまう。たぶんそういう人多いんじゃないかと想像するくらい、そもそもパソコンで使うPCスピーカーよりヘッドホンやイヤホンの方が耳に近くというか直接で音がよく聞こえる環境だよね、と、それくらいPCスピーカーが安かろう悪かろうでショボいのばかりなイメージがあった。

PCスピーカーでもイケてる製品がないわけじゃない。かつて僕もSONY SRS-Z1やJBL CreatureⅡを使っていたことがあった。でもコード類や電源アダプターなどデスクトップまわりの取り回しが面倒でやがて仕舞って使わなくなり、結局 iPod/iPhoneでも使えるからヘッドホンやイヤホンの方が選択肢がいっぱいあるし楽しいよね、と、PCスピーカーという存在には目も向けなくなっていた。だからUSB一本だけで接続するというコンセプトに興味が湧いた次第です。

Olasonicって名前を聞いたことないのもそのはず今年の4月にブランドを立ち上げたばかりで、PCスピーカーには目も向けてなかったので知らなかった。東和電子はBtoBでプリント基板・回路やソフトウェアの設計やそのプロトタイプをつくるのが事業のメインだったけど最近先細りだし、もともと某家電メーカーのホームオーディオ部門のメンバーが集まった会社だからその経験をPCスピーカーに投入してみました、とのこと。Olasonic TW-S7を手に持った写真は東和電子の社長の山本さん。


この製品のポイントはなんといってもUSB一本だけの取り回しのよさ。USBで給電といえば携帯電話充電用のアダプターやネタ系卓上扇風機などバスパワー向きなモノだけど、スピーカーを鳴らして使うための出力を稼ぐためにSuper Charged Drive Sysytemというキャパシティーはもとより、どんな楽器の音が判らないというような小型スピーカーにならないようにとスピーカーユニットなど主なパーツ類までを一から開発した力の入れよう。

また、スピーカーの外形がタマゴ型というのは定存波を極力抑えるためにも剛性の高さを求めるにもボックス型より今回のような小さなスピーカーにはデザインとコストのバランスがいいのだろうね。その結果はプラスに働いてて実物を手に取るとかわいい。ディフューザーのカタチはバイクのホイールからインスパイアされたみたい。また、パッシブラジエーターを裏側に配置することやシリコンでインシュレーターを別途置くというのもパソコン環境に合わせてズバッと割り切って作り込んでいる。

で、実際聴いてみた第一印象はかなり驚いた。これは視聴の際に電源不要のタイプで比較したLaCieのFirewire Speakerよりパワーよくちゃんと鳴っているし、電源タイプのBOSE M-3よりはのっぺりせずに聴けた(というよりもBOSE特有の音作りは好きずきだし)。自宅でも仕舞ってあったSONY SRS-Z1と引っ張り出して較べてみたら、なんとなく音作りが似ている感じがしつつもUSB一本で済む手軽さが際だってツボに入った。デスクトップ環境で50センチくらいの距離だと抜群な感じ。


ニコニコ動画や Radikoなどパソコン上で音を聞く機会が増えてきた人が多いでしょう。やはりここはPCスピーカーは音が出ればなんでもいいやと思わずに、またヘッドホンやイヤホンも選択肢いろいろあるけど、このOlasonic TW-S7は一度でも視聴してみれば虜にならずとも値段以上の驚きと満足が得られると思う。アップルストアで売っているけどiPod/iPhone用ではないので実物展示はしていないので、家電量販店だとヨドバシカメラ秋葉原店のMacコーナーで実際に視聴できるみたい。やはりこれはニコニコ動画の市場でプッシュするのも一つの手なのかもしれない。






Popular posts from this blog

tokyo art book fair 2017

yanagimoto koichi - archivist's vision

「柳本浩市展 アーキヴィスト - 柳本さんが残してくれたもの」 @  自由が丘 six factory

今回の展示で閲覧できた柳本さんの膨大なスクラップブックの一部は、以前にもSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERSの自炊展や代官山蔦屋のオリンピックデザインアーカイブの展示で手にとって見る機会があって、ファイリングされたデータはPinterestでみれるけど、実際にスクラップブックの棚から手に取ってみるところが気づきが得られておもしろい。

未整理の収集物のコーナーは、これからアーカイブするために箱に詰め込んでいたモノをアトランダムにキューに入れていた状態をただ並べただけで、何があるのかソートしながら見てるとコンビニやスーパーよりなぜかダイソーの商品構成を連想してしまう。やはりアーカイブする前段のクローラーの具合が肝だな。

Rafael rozendaal Convenient

田中:それをジャカード織りに変換したということですね。興味深いのはラファエルのメディウムの見つけかたです。こうしたマテリアルにはどうやって出会うのでしょうか。積極的に探して見つけたのか、それとも日々の活動を通して気付くのでしょうか?
ラファエル:テキスタイルというものが、まるでコンピューティングのように作られているという理由が第一にあります。最初にその面白さを知ったのは、アーティストレジデンスでトルコに行った時に、ローカルな織物職人のところを巡ったときでした。彼らの生み出す織り目が、まるでピクセルのようだったんです。
もともとテキスタイルは18世紀まで人の手で作られていましたが、19世紀初頭にパンチカードを用いるジャガード織り機が誕生します。これがコンピュータの原型でもあったという話は有名ですね。オルゴールがパンチカードの情報から音を奏でるように、ジャガード織りも0と1だけで構成された情報から、非常に複雑なパターンを編み出すことができる。こうしたプログラムのアイデアがやがてコンピューターへと発展していったんです。そうしたデジタル手法を介することで、アーティストの思惑が介在しないアウトプットに達するという結果に興味がありました。
田中:なるほど、ただ各コンポジションの色の選定はラファエル自身が選んだものでもありますよね。
ラファエル:色はひとつの作品に最大5つと決めました。それもプログラム上でランダムに選んでいるのですが、そのままだとコントラストがはっきりしないので、最もコントラストが生まれるような配色だけは私が決めています。「インターネットは移ろいゆく無常の自然」 ラファエル・ローゼンダール×田中良治